よこやまけいう の 日々是好日

keiuyoko.exblog.jp
ブログトップ

タグ:毎日書道展 ( 5 ) タグの人気記事

第70回毎日書道展


d0168831_13474145.jpg


第70回毎日書道展、残りあと4日です。

毎日毎日暑いですね~。
この猛暑のなか、
六本木の国立新美術館で開催されている毎日書道展に
行ってきました。

私横山蕙雨の作品は大字部に出品しております。
写真を撮るのを忘れたので(暑さボケ?)画像はありません。

今回は70 回記念展なので、
特別展示 墨魂の昴近代書道の人々 が開催されています。
見ごたえありますよ。

今日の午前のお稽古で
「毎日展拝見しました」とお弟子さんがおっしゃって下さって、暑いなか来てくださってほんとに有り難いと思いました。

「前期に行ってしまって先生の作品がなかったので又あした行きます。」という方も。

「昨日は午後からだと知らなかったので午前中に着いてしまって、開くまでずーっと待ってました。」

などなど、ほんとに暑いなかありがとうございます。


思えば、
私が高校生の頃から書道展は真冬と真夏に開催されていました。

真夏の東京都美術館(昔の建物)は冷房装置がなくて、部屋の真ん中に氷の柱が置いてありました。
その氷の柱にハンカチを押し付けて冷やし、
冷たくなったハンカチを顔や首筋に当てて涼をとるという、
なんとも原始的な方法で涼んでました。
1階はまあまあでも、2階3階と上に行くほど暑くなり、3階はほんとうに暑かったです。

当時がなつかしいです。

半世紀以上前の話です。キャー!







[PR]
by keiuyoko | 2018-08-02 13:47 | 恵風会書道教室 | Trackback | Comments(0)

毎日書道展作品

毎日書道展東京展はすでに終了しましたが、毎日展に行きそびれてしまった友人が私の作品を見ようとブログをみたけれど見つからなかったとかで、
「毎日の作品をアップしてください」メールがきてしまいました。
そういえば毎日の作品をアップするのを忘れていました。
今年の私の毎日作品は「到天」でした。
d0168831_2231519.jpg

はじめ「山到海」と書いていましたが、私は毎日大字部なので2文字にしなくてはいけないので、
「到頭」や「到底」など書き最終的に「到天」になりました。
テクニックに縛られないようにしたくて、これは左手で書いています。
[PR]
by keiuyoko | 2015-08-06 22:48 | Trackback | Comments(0)

第66回毎日書道展がはじまりました

暑い夏といえば、毎日書道展、ですね。
第66回毎日書道展は9日から開催されています。
私の作品は7月23日~8月3日まで、六本木にある国立新美術館に大字書が飾られます。
今回は「母」という字です。これは表装前のものですので、表装したらもう少し良くなるでしょうと期待したいです。
d0168831_2275165.jpg


上野の東京都美術館のほうには、7月16日~23日まで漢字作品が飾られます。こちらも表装前の写真です。会場ではおめかししてシワ伸ばしをして、見栄えのある作品になっているかも.........
d0168831_221243.jpg


暑い中2館を廻るのは大変です。
もしどちらか1館に行っていただけるとしたら、六本木国立新美術館へお越しくださいませ。
 
7月20日に祝賀会があるのですが、
あらぁどこのホテルでしたっけ?やっぱり赤坂???大変!友人にメールして聞かなくちゃ!

目の前の忙しさにかまけて忘れていましたが、パーテイなのに髪バサバサ、明日は稽古で美容院に行く暇がない。どうしよう!
[PR]
by keiuyoko | 2014-07-18 22:36 | Trackback | Comments(0)

毎日展出品作

d0168831_11273910.jpg

乳(甲骨文)
これは甲骨文字の乳という字です。
お母さんが子どもにお乳をあげている形です。
今年の私の毎日展の出品作はこれでした。毎日展前期展陳列でしたので、私の作品はもう外されています。
ブログにアップするのを忘れてました。すみません008.gif
[PR]
by keiuyoko | 2013-07-24 11:12 | 日々の書 | Trackback | Comments(0)

継続と断絶

昨日は毎日書道展の最終日、まだ自分の大字作品を見に行っていなかったので、急いで六本木の国立新美術館へ行ってきました。

d0168831_20462130.jpg

                    第64回毎日展出品作「継断」
私の作品「断継」です。東日本大震災によって断ち切られてしまった命や心や物、そのような中でもそこから継続していく命や心や物を思い「継断」を書きました。





d0168831_212942100.jpg

                   私の師 藤田金治先生の作品「侶」です。






d0168831_2102757.jpg

毎日書道展会場を出てふと目をあげると、窓ごしの青空にカラフルな展示が。
「具体」ニッポンの前衛18年の軌跡展  元永定正の作品「水」でした。
使われている材料は ビニール、インク、水。これだけ。いいなあ。心があらわれる気がしました。
[PR]
by keiuyoko | 2012-08-06 21:17 | 日々の書 | Trackback | Comments(0)