人気ブログランキング |

よこやまけいう の 日々是好日

keiuyoko.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

水墨画水彩画展  第18回 日本の美しい自然

水墨画水彩画展  第18回 日本の美しい自然展を開催中です。
4月1日(火)~4月6日(日)10時半~17時(最終日は16時)
 池袋芸術劇場、
水墨画は5回第1ギャラリーと第2ギャラリー、
水彩画は地下1階の第1と第2ギャラリーです。

今回は篆刻の稲村龍谷先生とお社中の方々とのコラボになっていますので、
水墨画、篆刻、水彩画の3つの世界が楽しめますよ。
ぜひご覧ください。


代表久山一枝先生の作品です。
d0168831_22255022.jpg


久山一枝先生の印は稲村龍谷先生刻です。素敵ですね。
d0168831_22275532.jpg


こちらは私横山の作品です。
蓮を画きました。
d0168831_2238021.jpg


1月の独立書展が終わってからこの画の制作にとりかかりましたが、
いつものことながら写真撮りに間に合わず作品集掲載はあきらめていたのですが、
写真撮りの日が大雪で延期になったために、なんとか間に合いました。
でもね、画の出来が・・・・・・・・不出来で・・・・・・・
蓮を画こうと思ったのは1月半ば過ぎで、当然その頃蓮の花は咲いていないわけで、
まあ、一応上野忍ばずのの池に蓮を観察に行きましたが、
当然のことながら、蓮は枯れていまして、
その枯れた蓮をスケッチしてきましたので、
この画の中の枯れ蓮だけはやけにリアルに画けているかしら。
花と実と枯れていない葉は写真を見ながら画いていますのでいまいちですよね。(反省)

私の印は、卯中恵美子先生が刻してくださいました。私の作品にぴったり、大満足です。
卯中先生ありがとうございます。
d0168831_22442581.jpg


1日、2日、3日の午後1時~2時と2時半~3時半には会場内で席画も行います。
なんと、無料です!!  ぜひお出かけくださいね。
by keiuyoko | 2014-03-31 23:09 | 水墨画 | Trackback | Comments(0)

d0168831_17194618.jpg

遊(金文) 陶板10㎝×10㎝
黒土に白化粧してヘラで文字を引っ掻いています。額は10年前にデザインフェスタで購入したもので気に入ってます。

久しぶりに大学の同級生と会って、吉祥寺をぶらつきました。

ハーモニカ横丁の カフェ モスクワで食べ放題1000円のランチ。丸ごとの鶏をオーブンで焼いてぶつ切りにしたものとか、種々のパスタにピザ、大根人参セロリのピクルス、もちろん生野菜サラダもありで、コーヒーとデザートがついてこのお値段は、超幸せ気分。お店の方はとても感じ良かったです(安くて美味しくてもお店の方が感じ悪かったらバツですよね)。
間口の狭い三階建てのお店です。

吉祥寺に来たのは何十年ぶりかで、随分賑やかになり人通りが多いのにはびっくりです。
有名なメンチカツのお店や羊羹のお店に多勢の人が並んでました。

その行列を横目に見て、我々は竹藪の中の喫茶店「茶の愉」へ。
紅茶とケーキで何時間もおしゃべりしちゃいました。(茶の愉の店員さん何回もお冷やをつぎにきてくれて、ありがとう、図々しいおばさん達でごめんなさい)


冒頭の陶板写真の 遊 は古代文字(金文)で、吹き流しが風にゆらゆらゆれて、その下に子どもがいる形です。
子どもはあっちにフラフラこっちにフラフラしながら遊んでいますよね。
確個たる目的があって移動しているわけではなく、気の向くままに自由にふらふらしてるのが「遊ぶ」の元の意味です。

私たち同級生のおばさん3人は、「遊ぶ」の本来の意味を充分に味わって、吉祥寺をぶらついて来ました。
夫、子ども、孫の話がほとんど出なかったのが、特に良かったなぁ。
自由人としての、吉祥寺散策。
最高でした。
by keiuyoko | 2014-03-19 15:22 | 日々の書 | Trackback | Comments(0)

荻ノ島支援チャリテイー即売会

荻ノ島茅葺集落は新潟県柏崎市にあります。
美しい日本の村景観百選に選定された地域で、
茅葺き民家が田んぼを囲んで立ち並んでいる、全国でも珍しい茅葺の環状集落です。

荻ノ島は観光化された集落ではなく、
実際にそこで日常生活を営み普段の生活のなかで茅葺の民家を守っているのだそうですが、
茅葺の補修に多大な費用がかかり、現在火の車だそうです。

水墨画水彩画作家の久山一枝先生が
荻ノ島支援のためのチャリテイー即売会をなさっています。
(3月2日まで・於朝霞市膝折町4-21-6、スペースクマオバ)

私も2点購入させていただきました。雪の輝く白が美しいです。
d0168831_12233869.jpg

          久山 一枝 (墨・10㎝×10㎝)



もう1点は水彩画で、飛騨白川郷の合掌造りの家です。
d0168831_1233291.jpg

          久山 一枝(水彩・ハガキ)



会場はおおぜいの人であふれていました。
d0168831_123503.jpg

d0168831_12355011.jpg




すてきな作品ばかりで目移りしてしまいます。
今回は小品なので購入しやすい価格ですし、
全額が荻ノ島茅葺集落の茅の補修費用にあてられるということですから、
みなさん2~3点購入なさっていました。
d0168831_12452246.jpg




テラスでおいしい珈琲とフルーツでちょっと休憩
d0168831_12481258.jpg

器やテーブル、イスにも久山先生の美意識があらわれていて、
心地よい空間のひとときを過ごすことができました。
by keiuyoko | 2014-03-02 12:58 | 水墨画 | Trackback | Comments(0)