よこやまけいう の 日々是好日

keiuyoko.exblog.jp
ブログトップ

三輪寿雪さんの茶碗でお茶を…

萩焼の大家で人間国宝の三輪寿雪(11代三輪休雪)さんが亡くなられたと12日の毎日新聞
朝刊に載っていました。
102歳だったそうです。

実は私、ひと月前に三輪寿雪さんの鬼萩茶碗でお茶をいただいたばかりでした。

私が通う陶芸倶楽部にはお茶室がしつらえてありまして、
たまにお点前をすることがありますが、
先月はオーナーのご厚意で三輪寿雪さんのお茶碗でお茶をいただいてしまいました。

美術館か名のある骨董屋でしかお目にかかれないようなン百万円のお茶碗で
お茶をいただけるなんて天にも昇る心地がして最高に幸せでした。

寿雪さんの茶碗はとても大きな茶碗なのに掌になじんで持ちやすく、
力強くて大胆な形、そして圧倒的な存在感がありました。
やわらかな光を含んで暖かく、素晴らしい茶碗でした。

美術館でガラス越しに眺めていた時は、
こういう高価な茶碗は観賞用に作られていて使うことをと考えていないと思っていましたが、
実際に掌にとってみると持ちやすく呑みやすいことに驚きました。

寿雪さんはどんな方だったのでしょうか。
きっとあの鬼萩茶碗のようにスケールの大きい方で
しかも繊細でやさしい方だったのでしょうね。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

d0168831_245524.jpg

                   萩  (27.5㎝×24㎝)
  鬼萩茶碗のイメージを書にしてみました。
[PR]
by keiuyoko | 2012-12-13 02:51 | 日々の書 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://keiuyoko.exblog.jp/tb/17416061
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。