よこやまけいう の 日々是好日

keiuyoko.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ブログ ( 20 ) タグの人気記事

今日の雪は楽しくない‼︎

先週に引き続き今週も雪!
自宅からお教室まで歩いて来ましたが、
昨日の雪と朝から降り続いた雨が、道を悲惨な状態にしてくれていて、とけたかき氷の中に靴が埋まる状態。悲惨でした。
d0168831_13285667.jpg

d0168831_13285781.jpg



先週はふかふか雪をスポスポ踏んで、ランラン気分で、大人の足跡、子供の足跡、あっ!これは犬の足跡だぁ、なんて楽しく歩いてきたのに??

先週1時間歩いて来てくれたO君も今日は無理でした。

やってきたのは6人でした。
家を出たけれど、途中で引き返した人が2人もいましたよ。お疲れさんでした。

靴も靴下も手袋もぐっしょりで、
筆を持つ前にまず作業。
靴の中に新聞紙詰めて、靴下と手袋の水分をタオルで拭き取ってから、洗濯バサミで吊るして...........
ワイワイガヤガヤ、子供は苦難も楽しみに変えてしまうらしい。

稽古が終わった後は、差入れのお菓子で又々お茶会。
お菓子がこんなにいっぱい❗️
d0168831_13285832.jpg

KさんとEさんのお母さん、たくさんのお菓子をありがとうございました。

雪の日は休んでも欠席にはしませんからね。皆勤賞を狙っている人は安心してね。

せっかく乾いた靴が濡れるから、
私は夕方の稽古までの数時間を、教室に残って水墨画を書くことにしました。
実は、水墨画展の作品集用の写真撮りが明日だったんですが、雪の為に21日に延期されました。
よし!今からかけば間に合うぞ!という訳で、頑張りまぁす。
(私はいつも写真撮り日に作品が間に合わなくてここ数年作品集に掲載されていないのです002.gif
[PR]
by keiuyoko | 2014-02-15 12:35 | 恵風会書道教室 | Trackback | Comments(0)

一途に

d0168831_1235251.jpg

              一途

岩手県立美術館で開催されている「アール・ブリュット・ジャポネ展」に行ってきました。
アール・ブリュットとは20世紀のフランスの美術家ジャン・デブュッフェによって生み出された言葉だそうです。
美術の専門的な教育をうけていない人たちの自由で伸びやかな表現をさします。
今回の展示をみると精神障害のある方たちが多いようにみえますが、
その表現は心の内側からあふれ出てきたものばかり、
表現せずにはいられないで、ただひたすらに
一途に自分の世界を表現しています。


d0168831_1251312.jpg

ポスターの佐々木早苗さんの作品は赤い布に刺しゅうがしてあります。

同じ場所に何回も何回も針を刺し一つ一つの小さな模様が高く盛り上がっています。
とても鮮やかでやさしくて楽しい模様。
彼女は一日4~5時間針をさし1年間かけてこれを仕上げたそうです。
40センチ四方位の作品だったと思いますが、
こんな小さな布に1年分の熱い心がこもっています。

一途な心に感動しました。

アール・ブリュット・ジャポネ展は9月2日まで盛岡にある岩手県立美術館で開催中です。


岩手県立美術館には船越保武と松本俊介の常設展示室があります。
実は私がはるばる盛岡まで行ったのは船越保武の彫刻に会うためでしたが、
そこで偶然アール・ブリュット・ジャポネ展にめぐりあいました。
(松本俊介は今巡回展中で岩手県立美術館では見ることができません)

船越保武の彫刻は魂が洗われる思いがします。
ダミアン神父像の前で1時間位座っていました。


岩手県立美術館前から盛岡駅行きのバスは2時間に1本しかなく最終バスが16時38分です。

もっとゆっくり美術館に居たい場合は美術館から徒歩5~6分のところにあるアイスアリーナ前に行けば1時間に1本あり最終は午後6時30分です。
[PR]
by keiuyoko | 2012-08-15 12:12 | 日々の書 | Trackback | Comments(0)

孫二人の篆刻

銀座で開催された篆刻教室へ孫二人を連れて行ってきました。

d0168831_22194969.jpg

小学2年の孫は自分の名前の一字「結」の甲骨文を刻しています。
生まれて初めての篆刻。恐いもの知らずだからぐいぐいどんどん刀を
入れています。といっても直線になってはいなくてギザギザだけど。

d0168831_22372982.jpg


中1の孫は小3以来2度目の篆刻体験です。小3の時はひらがな1文字だったのに
今回は一気に4文字に挑戦です。布字しているのは「天下布武」。織田信長の
言葉だそうです。彼女は戦国武将が大好き。


d0168831_22213371.jpg

         小2 結梨刻 「結」です。先生に中川一政の印の雰囲気が出ていますねと言われて大喜び。


d0168831_22405265.jpg

         中2 みなみ刻 「天下布武」 生まれて2度目4年ぶりの篆刻。
         ちょっと難しかったようですがなんとかできました。
         円形にしたのは彼女のこだわりです。格好いいよ。


帰路伊東屋へ寄り、自分オリジナルのノートを作ってもらいました。
表紙はカラフルな模様や無地のものなど10種類以上ある中から選びます。中の用紙もいろいろあります。ハートの罫線あり人体画あり、家計簿用、絵日記用、鳥かご模様の縦書きありといろいろあって迷ってしまいます。
表紙の紙を1枚選び中の紙10枚を選んでカウンターへ持って行くとホチキスで留めてくれます。
1冊472円。今ならミニノートのおまけつき。
d0168831_22292021.jpg

        私がつくってもらったノートです。左のミニノートはおまけでいただいたもの。
d0168831_22302374.jpg

        ノートの中はこれにしました。自分の作品整理ノートにちょうどいいと思って。


d0168831_8535430.jpg

孫たちが作ったノートはこちら。とってもかわいい。

銀座伊東屋はいつ行っても楽しい!!!!必ず何かいいものを発見できます。
[PR]
by keiuyoko | 2012-08-12 22:45 | 篆刻 | Trackback | Comments(2)

第16回日本の美しい自然

東京セントラル美術館で開催中の第16回日本の美しい自然展は
前回ご紹介した水墨画と友に水彩画も展示されています。


久山一枝先生の水彩画です。
d0168831_1174422.jpg

d0168831_118398.jpg

会場では久山先生の絵葉書も販売しています。






d0168831_1205731.jpg

こちらは村上孝子先生の水墨画作品です。たらしこみが効果的に使われていますね。
わたし達は村上先生にデッサンを教えていただいていました。
水墨画も水彩画も下絵のデッサンができていないとだめですよね。
私は小学生の頃は美術が好きでデッサンも得意だったのですが、今はあまり上手ではないです。
村上先生のデッサン講座再開してほしいと思うこの頃です。
[PR]
by keiuyoko | 2012-06-27 01:45 | 水墨画 | Trackback | Comments(0)

「敏子」さんの印

d0168831_14353458.jpg

            「敏子」金文 2センチ×2センチ
朱文の印は難しいですね。
もっときりっとした線でおしゃれな感じにしたかったのですが、
線が弱くてへろへろしてしまいました。

敏子さんは私の親友で栃木県に住んでいます。
中学3年の時に同じクラスになって友達になり、それからずっと友達で、
実に40年以上もの間毎月手紙のやり取りをしています。

先日敏子さんの案内で蔵の街栃木へ遊びに行ってきました。
栃木は江戸との交易が盛んだったそうで、
巴波川(うずま川)を利用して栃木から舟で材木や農産物を江戸へ運び、
江戸からは日光御用の荷や塩などが運ばれたそうです。
今でもうずま川流域に多くの蔵が保存されていて美術館や店舗として活用公開されています。


d0168831_144228.jpg

とちぎ蔵の街美術館です。およそ200年前に建てられたそうです。
いまは100歳の詩人柴田トヨさんの「くじけないで」展開催中です。




d0168831_14375430.jpg

これは塚田歴史伝説館の展示三味線ばあさんロボットです。
三味線を弾き都々逸を謡いながら
うずま川沿いに8つの土蔵を持つ材木回漕問屋塚田家の由来を話してくれます。
このばあさんロボットがとても良くできていて見とれてしまいました。
身をのりだして聞いている帽子をかぶった男性も人形ですよー。

本物の人間そっくりなロボットと人形のいる不思議な空間の中に居た時に、
突然本物の人間(係の人)が入って来た時は、飛び上るほど驚いてしまいました。
不思議な体験でした。
[PR]
by keiuyoko | 2012-06-16 14:49 | Trackback | Comments(0)

第60回独立書展記念講演会

第60回独立書展記念講演会が1月15日に六本木新国立美術館で開催
されました。
お話は美術評論家田宮文平先生。
手島右卿先生の青年時代から晩年までのお話や、
独立書人団創立当時の話はとても興味深いものがありました。


d0168831_2226461.jpg

これは壇上の様子です。
右の貼り紙、<「手島右卿」と現代書の展開>
これは独立書人団の菊池隹右先生が書かれたものです。
私は今回揮豪部で先生のお手伝いをさせていただいて、
菊池先生がこれを書かれるのを間近で拝見しましたが、
まるで神業のようでした。
3メートル近い紙に罫も引かず、割りふりもせずに、
上からタッタッターと淀みなくあっという間に書いてしまわれました。
ほんとあっという間でした。
なのに仕上がりはまるで計算したように完璧!
まるで作品のようです。

d0168831_22415263.jpg

特に下部の展開の2文字!いいなあ。

独立展の揮豪部は菊池先生のご指導のもとに
賞状の名入れや会場の掲示物等を書いていますが、
これがなかなか難しいのです。

菊池先生からは、
細字を美しく書くために王義之の楽毅論や黄庭経、孝女曹娥碑等を臨書し
日々研鑚を積むようにといわれております。
早く作品と言えるような貼り紙や賞状の名入れが書けるようになりたいものです。
[PR]
by keiuyoko | 2012-01-17 22:42 | Trackback | Comments(0)

母の死

d0168831_22305940.jpg

              母 

母の四十九日が済んだ。

人前で涙を見せたくなかったので、母の死のことはごく一部の友人にしか知らせなかった。
慰めの言葉をかけてもらうより、ほっておいてもらったほうが有難かった。

でも喪中ハガキを出した途端に友人から花や線香や便りが届いて、
ほんとうに有難かった。

学芸員時代の友人が新潟から電話をかけてきてくれた。
「泣いているかと思ったらあんた元気だね。安心したよ」

私は人前では泣かない。

でも2階のベランダで洗濯ものを干している時、
駅に向かって歩いている時、ふいに涙がこぼれてくる。

新潟の友のやさしい電話の後、一人で泣いた。
[PR]
by keiuyoko | 2012-01-08 22:46 | 日々の書 | Trackback | Comments(0)

メリークリスマス

クリスマスまであと1週間足らずですね。

書道教室では、3年生以上が書き初めの稽古をしている間に、
幼稚園生、1年生2年生はクリスマスカードを作りました。



d0168831_21125521.jpg

      私が見本に作ったのはこちら。和紙ハガキにフエルトを貼りました。



d0168831_21133088.jpg

     お手伝いの高校生が作ってくれたのはこちら。
     かわいいね!若い人のセンスに脱帽です!


d0168831_21145638.jpg

    見本の形を見ながらフエルトを切って、ボンドで和紙ハガキに貼っていきます。



d0168831_21155614.jpg

       メリークリスマスと小筆で書いて出来上がり。


d0168831_21164480.jpg

       上手にできました!! 
[PR]
by keiuyoko | 2011-12-18 21:16 | 恵風会書道教室 | Trackback | Comments(0)

第10回恵風会書展2日目

第10回恵風会書展2日目は無事終了しました。

d0168831_2038335.jpg

外へ出ると夜空がきれいでした。
今日の入場者は206人でした。
大きな作品から小さな作品、漢字や仮名、水墨画まであって楽しいですねと、何人もの方におっしゃっていただいて
とても嬉しかったです。


d0168831_20384048.jpg

d0168831_20391093.jpg

体験コーナーは大人気で皆さん楽しそうに書いていらっしゃいました。
体験の方達が書いたお地蔵様もたくさん集まりました。会場に貼らせていただいています。
(写真を取り忘れたのは残念!明日はきっと撮りますね)

d0168831_20431432.jpg

積み木のオブジェ昨日の形
d0168831_20403763.jpg

今日5日はこんな形
あしたはどんな形になるのかな?
[PR]
by keiuyoko | 2011-11-05 20:49 | 恵風会書道教室 | Trackback | Comments(0)

第10回恵風会書展 書くって、何か楽しい 始まりました。

第10回恵風会書展 書くって、何か楽しい 始まりました。
d0168831_3395470.jpg


一般部の作品
d0168831_3502893.jpg
d0168831_3505744.jpg


d0168831_3512649.jpg

こちらは中高生の作品

小中学生の作品です
d0168831_3545945.jpg
d0168831_3553040.jpg

小中学生の金文

d0168831_4261516.jpg

小中学生の篆刻です

d0168831_404353.jpg

小学生が書いたお地蔵様

d0168831_425465.jpg

木に文字を書いて飾り付けて・・・・毎日組み換えます。


中高生は丸太に書きました
d0168831_453888.jpg

d0168831_475714.jpg
d0168831_483022.jpg


d0168831_4153460.jpg

恵風会の子どもたちは受付で筆で名前を書かなければいけないことになっています。
ていねいに書けばいいんだよー

d0168831_4183190.jpg

東武東上線朝霞台駅徒歩5分、朝霞市産業文化センターで開催されています。
お気軽にお出かけください。
[PR]
by keiuyoko | 2011-11-05 04:28 | 恵風会書道教室 | Trackback | Comments(0)