よこやまけいう の 日々是好日

keiuyoko.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

久しぶりに大作

d0168831_2149476.jpg

南浦和の鵞毛堂で求美会の錬成会。
久しぶりに大作を書きましたが、まだまだですね〜。
昨日6時間かけて磨った墨(墨すり機ですけど)が大作二枚書いたら無くなってしまいました。
大作は紙と墨とお財布との戦いでもあります。030.gif
007.gif
[PR]
by keiuyoko | 2013-06-30 21:34 | 日々の書 | Trackback | Comments(0)

墨の抽象

ふたたび墨で遊んでみました。
用紙は画仙ハガキ、墨は墨運堂の「別製心画」です。
d0168831_18575650.jpg

d0168831_18575797.jpg

d0168831_18575895.jpg

d0168831_18575967.jpg

抽象は心がそのまま出るのでしょうか?
日によって作品傾向が全然違ってきます。
不思議です。
[PR]
by keiuyoko | 2013-06-25 18:44 | 墨の抽象 | Trackback | Comments(0)

日本の美しい自然展

d0168831_156694.jpg

19日に、日本の美しい自然展会場で、賛助出品者の王荻地先生の席画がありました。
雀がとまる岩を画くときに、陽の当たる頂上附近は中鋒で細く画き、側面の崖は側鋒で太めに画いていらっしゃいました。
頂上から崖にうつる部分の筆のひねり方が書と同じで、使用された紙も本画仙でしたので、とても参考になりました。たっぷり1時間かけて丁寧に説明しながら画いて下さって、少し休憩してから今度は紫陽花のいろいろな画きかたを教えてくださいました。
ハッピーな一日でした。
d0168831_156757.jpg

崖の上の雀がとてもかわいい


d0168831_156884.jpg

こちらは紫陽花、それぞれ違う画きかたでかいてあります


d0168831_156984.jpg

賛助出品していただいた王荻地先生の作品です

今日は3時から会場で、久山一枝先生の初心者講習があります。無料ですよ。
ぜひご参加下さい。
[PR]
by keiuyoko | 2013-06-22 14:31 | 水墨画 | Trackback | Comments(0)

第17回 日本の美しい自然 展

水墨画水彩画公募展 第17回日本の美しい自然展がはじまりました。
東京セントラル美術館で6月18日~23日までです。
ぜひお越しください。

期間中会場で無料講習会があります。

19日(水) 1時~2時と2時半~3時半
        王 荻地先生  墨彩画の描き方 

21日(金)  1時~2時
       石川久樹氏  水墨画筆について

18日(火)~22日(土) 3時~4時
       久山一枝先生 初心者講座

d0168831_1532177.jpg

私の作品です。文字は高野素十の句で、夜のいろに沈みゆくなり大牡丹 です。
背景に墨の滲みを入れてみました。墨は古梅園の「鳳凰」です。
背景の墨と金の文字を入れた時点では結構うまくいったかなと思っていましたが、
牡丹を画いて駄作になってしまいました。勉強不足です。反省。

d0168831_1543120.jpg

             久山一枝先生の水墨画です。

d0168831_1553920.jpg

             久山一枝先生の水彩画です。
[PR]
by keiuyoko | 2013-06-18 02:01 | 水墨画 | Trackback | Comments(0)

夜のいろに沈みゆくなり大牡丹

d0168831_177983.jpg

夜のいろに沈みゆくなり大牡丹(高野素十)

17日から銀座で始まる水墨画展に出品するために牡丹の画をかきました。
画けなくて画けなくて悪戦苦闘、作品締切は四月だったから、とうに締切が過ぎていました。
毎日展の作品締切日が5月始めでしたから、もともと無理だったんです。
と、開き直るのもどうかと思いまが、一昨日やっと仕上げました。
昨日表具屋さんにお願いしました。
超特級でお願いして、16日に軸装に仕上がってきます。
肝心の牡丹の画は下手なので、軸装に仕上がってからお見せしますね。
とりあえず、最上部の、書の部分だけ見てくださいまし。
[PR]
by keiuyoko | 2013-06-12 16:47 | 日々の書 | Trackback | Comments(0)

六月柿

d0168831_15181419.jpg

六月柿 ハガキ

六月柿とはトマトのことです。珊瑚茄子とも言うそうですよ。
江戸時代から鑑賞用として栽培されていたそうです。

d0168831_15181483.jpg

我が家で収穫したミニトマトです。収穫3個目と4個目です。(1個目と2個目は1週間前に大事に大事にいただきました。)
5月半ばに花屋さんで苗を買って庭で育てていますが、やっと30センチの高さになりましたが、
あまり大きくなりません。
店で一鉢だけ売れ残っていたので、喜んで買ってきたのだけれど、
これって鑑賞用だったのかな?

でも食べたら甘かったです。
[PR]
by keiuyoko | 2013-06-12 15:01 | 日々の書 | Trackback | Comments(0)

墨の抽象

d0168831_1611599.jpg

                    墨の抽象5点   ハガキ


d0168831_1611633.jpg

d0168831_1611797.jpg

d0168831_1611765.jpg

d0168831_1611824.jpg

d0168831_1611932.jpg

墨の抽象5点です。
墨の濃淡、滲みとかすれで遊んでみました。
墨は古梅園の油煙墨、「鳳凰」です。
紙は本画仙のハガキです。
[PR]
by keiuyoko | 2013-06-07 16:04 | 日々の書 | Trackback | Comments(0)

恵風会書道教室6月のおけいこ

d0168831_13281278.jpg

水無月
史上3番目に早く梅雨入りと報じられたのは先月29日でしたが、
埼玉は昨日も今日もカラッと晴れた上天気です。
ほんとに梅雨入りしたの?と疑いたくなりますね。

旧暦6月の和名は水無月。旧暦と新暦では20日ほどずれますから、
旧暦6月は大よそ新暦の6月20日~7月20日頃になります。
年によって梅雨から盛夏までの幅があるそうですが、それにしても
水の無い月というのはしっくりきませんね。

水無月は水の無い月ではなく水の月(田に水を引く月)であるという記事
をネットでみつけました。
みなづきの「な」は「の」の意を表す連体助詞で「水の月」の意味、
神無月は神が無い月ではなく神の月の意味だそうです。

水無月に関しては納得しました。
でも神無月は諸国の神々が出雲に集結する月だから
神無月と言うという説はどうなるの?

調べてみたら面白いかもしれません。
文法から古代を読み取るのも一つの方法ですね。



恵風会書道教室6月のおけいこは
      木曜 金曜 ・・・・・・・1.2.3週
      土曜・・・・・・・・・・・2.3.4週


朝霞市中央公民館の6月のお稽古は6月14日です。
どちらも見学体験大歓迎です。



「書専」6月号優秀作品写真掲載者
毛筆の部
d0168831_13344679.png

               高校  安田 理恵子

硬筆の部
d0168831_13362811.png

                6年  糸久 紗希

d0168831_13371780.png

                2年  小野寺 紗優

   おめでとう、よかったね!
[PR]
by keiuyoko | 2013-06-03 13:40 | 恵風会書道教室 | Trackback | Comments(0)