よこやまけいう の 日々是好日

keiuyoko.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ブログ( 4 )

小室かな料紙工房へ行ってきました。



d0168831_14133159.jpg


恵風会の有志5人で、小室かな料紙工房へ行ってきました。
小室 久さんの工房は茨城県常陸太田市にあります。
上野駅から常磐線特急ひたち5号に乗って日立に10時40分に着き、
こんどはレンタカーにのって(日立からはバスの便が無い)
30分ほどで工房に着きました。
ナビの案内で工房まで行きつけるのか心配でしたが、
ナビに「目的地周辺です…」と告げられて少々不安な気持ちで前方をみると、
軒下にうず高く楢材を積んでいるお宅を発見し、
絶対あそこだ!と確信しました。

d0168831_14313151.jpg


楢材を積んである小屋の中では大釜に火がくべられグラグラ煮立ってました。

d0168831_14315638.jpg


石川五右衛門がかまゆでにされた釜はこんな釜だったのかなと思うような
大きな釜で楢の木の皮を煮ていました。染料をとるのだそうです。

工房にお邪魔してまず最初に目についたのは美しく並んでいる刷毛の数々。
毛の材質、幅、長さが、さまざまなものたち。

d0168831_14425849.jpg



植物染料と箔の棚も美しく並べられて・・・・

d0168831_14431899.jpg


小室久さんのおつくりになる料紙は
和紙を自然の染料で染め、版木で模様を刷り、切り継ぎをし、金銀の箔をまくという、
平安時代そのままのやり方をかたくなに守っていらっしゃいます。


西本願寺本三十六人家集伊勢集の料紙
切り継ぎの部分は5枚重なっています。

d0168831_22331765.jpg

重なっている部分を拡大してみると・・・・・
d0168831_22395680.jpg
美しさが際立っていますね。


版木です。
d0168831_22504804.jpg


桂本万葉集の料紙です。
d0168831_22424468.jpg

元永本古今集の料紙
d0168831_23194570.jpg


色紙もこんなに美しく・・・・・
d0168831_22450954.jpg
これらの美しい料紙をみていると時が経つのを忘れてしまいます。
ここにどんな和歌をかきましょうか?

工房にいると楽しくて時が経つのを忘れてしまいます。
小室 久様、ご子息の太郎様、お世話になりました。
いろいろ勉強させていただきました。ありがとうございました。
帰りに水戸偕楽園によって、ライトアップの梅を鑑賞してきました。
とても充実した一日でした。
レンタカーを運転してくれたSさんありがとうございました。
























[PR]
by keiuyoko | 2016-03-09 23:26 | ブログ | Trackback | Comments(0)

小室久かな料紙の世界

茨城県水戸にあるギャラリー桃花堂で開かれていた「小室 久かな料紙の世界」を見に行ってきました。
小室家はお祖父さんの代からかな料紙をつくっていらっしゃるそうですから三代目ですね。
植物染料で和紙を染めてから木版で型押しをしたり染め紙で切り継ぎをして金銀箔をまくという複雑な工程をすべて一人でなさっています。
平安時代の華麗なかな料紙を忠実に再現するのはとても大変で、気が遠くなるような作業の連続だと思いますが、とても誠実なお仕事をされている小室さんのつくる料紙はため息が出るほど美しいです。
美しい料紙に夢中になってしまってギャラリーの写真を撮るのを忘れてしまいました。
種々の美しい料紙、屏風、ペーパーウエイトなどなどいろいろあったのにご紹介できなくて残念です。
私が購入したものだけご紹介しますね。
色紙大の料紙とはがきです。色紙のほうは、たまたま目にした「川で桜大根を洗っている」光景を料紙に仕立てたそうです。
左上は山に残る残雪をあらわし、真ん中の薄茶は川の流れ、下の桜色は桜大根をあらわしているそうです。
説明を伺って、なんだか気持ちがほっこりしてきました。
d0168831_22543586.jpg
小さな額に入った料紙です。この額は家具職人の方がつくったそうでとても丁寧なつくりでした。
料紙がほんものなら額もほんもの。右の一つは自分用に購入、ああとの二つは○○さんと○○さんへプレゼントと思って購入しましたが、
手放すのが惜しくなってしまって三つともまだ私のもとにあります。○○さんと○○さんごめんなさい。
d0168831_22541991.jpg

小室さんは誠実で素敵なかたです。これまで作務衣姿の小室さんしか知らなかったのですが、先日恵風会書展にいらしてくださったときはおしゃれなスーツ姿だったのであらっと思いましたが、今回の個展会場では薄桃色のセーターをお召しになっていてそれがほんとによくお似合いだったのでまたまたびっくりしました。服も料紙もその人の表現だから同じなんですよね。素敵でした。

ギャラリーの帰りに偕楽園によってきました。
d0168831_22545495.jpg
紅葉の時期は終わっていましたが、ほんの少しだけ残っていました。
こうして見るともみじの葉一枚一枚がそれぞれに、せいいっぱい紅葉している感じですね。

水戸のお菓子といえば「水戸の梅」かと思いましたが、「みやびの梅」というお菓子がおいしそうでしたのでお土産に購入。
もぎたての青梅を密漬け熟成させてそのまま丸ごと包み込んだ(と箱にかいてある)梅のお菓子でとてもおいしかったです。

小室さんのHPかな料紙工房には料紙制作の工程が詳しく説明されています。英語版もあります。
一人でも多くの方にご覧になっていただき美しい料紙の世界を知っていただきたいと思います。





[PR]
by keiuyoko | 2015-12-03 00:48 | ブログ | Trackback | Comments(0)

筆の先に心があらわれる

今月初めに朝霞市小中高校書き初め展を見に行った時に、
とても魅力的な作品をみつけました。

それは十小つばさ学級の生徒さんの書き初めでした。
楽しくて、あったかくて、ほのぼのしていて、なんとも楽しい作品が並んでいました。
少しご紹介しますね。


「うどん」 5年 奥平結人さんの作品です。
うどんの感じがでていますね!
これは絶対熱々のうどん。(だよね!)
丼からお汁がピチャッとはねています。
きっとうどんが大好きなんでしょうね。
楽しい!
d0168831_2275222.jpg





「はしる」 3年 佐藤将太さんの作品です。
この「はしる」は多分車かなあ。(マラソンではない気がする)
車が目の前をサーッと走りすぎた感じがします。
線に勢いがありますね。車が大好きなのかな。
d0168831_2211524.jpg







「中学生」6年 内和田健斗さんの作品です。
健斗さんはもうすぐ中学生ですね。中学校への憧れと期待と緊張感が
感じられます。
d0168831_22124912.jpg





この3人の作品を見て、こんなふうに素直に心を書に表わすことが
できるのは素晴らしいことだと思いました。



私たち書家は、感動したことを書にあらわして作品にするわけですが、
どうしても伝えたいという熱い思いを筆と墨と和紙でどう表現するか、
いつも悩み苦しんでいます。
切ったら血の出るような生きた書線、輝く白の余白、格調高い書、
古典に立脚した作品等々
日々悩み苦しみながら作品をつくっています。

筆を持って50年以上になりますが、
人を感動させる作品はなかなかできません。

筆は生きています。
心がゆったりしていれば鋒先が開いてのびのび書けますが
、緊張していたり上手に書こうと力んでいたりすると鋒先が開かなくて、
いじけた品のない線になってしまいます。
筆の鋒先には心が表れるんですね。

翼学級の生徒さん達の書き初めは伸びやかで優しくて、伝えたい思いが
素直にこちらに伝わってきます。
心が素直なんでしょうね。

しみじみうらやましいなあと思ってしまいました。
[PR]
by keiuyoko | 2014-02-25 22:23 | ブログ | Trackback | Comments(0)

書道習っていないのに上手だね!

d0168831_2323493.jpg

住田 脩馬君の作品「馬」です。
書道教室に通ってきてくれている子のお兄さんの作品です。
書道を習っているわけではないのですが、とってもいい作品なのでアップ
させていただきました。

この「馬」堂々としていて素敵でしょう?
草原を歩く馬がちょっと後ろをふり向いた時の感じがしました。
右に余白をとったのもいいですね。
楽しんで書いていますね。

この子は馬が好きなんだろうなと思って見ていましたが、
名前の中に馬があったんですね。

この子は脩馬という自分の名前が大好きなんだろうな。
そういう名前を持つ自分の事も大好きなんだろうな。
などなどいろんな事を想像してしまいました。

今年はうま年ですから年賀状に馬の字を何十枚も書きましたが、
私の「馬」は馬という字を書いたに過ぎなくて、
現実の馬の雰囲気は全くでていなかったということを、
脩馬君の馬を見て初めて気付きました。

脩馬君に完敗でした。
[PR]
by keiuyoko | 2014-02-22 23:24 | ブログ | Trackback | Comments(0)